So-net無料ブログ作成
検索選択

覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁(産経新聞)

 大阪市西成区で昨年10月、覚醒(かくせい)剤と大麻を所持していたとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた京都大経済学部4年、吉岡風志(かざし)被告(28)の判決公判が12日、大阪地裁であった。今井輝幸裁判官は「使用目的という犯行動機は安易で、同情すべき点はない」として懲役1年8月、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。

 弁護側は吉岡被告が心神喪失か耗弱の状態だったとして無罪を主張したが、今井裁判官は「警察官からの職務質問に『研究用だ』などと合理的な弁解を行った」と指摘。「統合失調症に罹患(りかん)していたが完全責任能力はあった」と述べた。

 判決によると、吉岡被告は平成21年10月、大阪市西成区で、覚醒剤0.01グラムと大麻0.865グラムを財布などに隠し持っていた。

【関連記事】
ストリップのおかげ? 小向美奈子、アッチの活動も復活
JAYWALK・中村耕一被告に執行猶予付き判決
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
中国に限らぬ薬物「厳罰」 東南アジア諸国でも
元光GENJI赤坂被告に懲役1年6月 千葉地裁判決

パトカー衝突、車の男性軽傷=別の違反車追跡中−警視庁(時事通信)
覆面パトカーが事故=小学男児、腕を骨折−兵庫県警(時事通信)
<交通事故>バイクと乗用車が衝突 15歳の少女死亡…石川(毎日新聞)
枝野氏「母国の子は支給対象外」(産経新聞)
「私は忙しいから」と民主・山岡国対委員長 週刊新潮訴訟放棄(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。